カフェインは血糖値対策になり糖尿病に良い?

年々気になりだしてくる、血糖値。

コーヒーは血糖値対策になりうるのでしょうか?カフェインと血糖値について分かりやすく解説したいと思います。

実は科学的根拠・データが意外と多いんですよー!

カフェインを1日3~4杯飲む男性は糖尿病リスクが17%低下する?

糖尿病は、成人病の一つとして知られていますが可能な限りこの病気を避けるためには何らかの対策が必要になります。あまり知られていませんが、カフェインをのむことで糖尿病を撃退することができるわけです。

少なくとも、病気を遅らせることになるのは間違いなさそうだす。なぜそのようになるかといえば、血管に影響を及ぼすとされておりこれにより糖尿病を防ぐことが可能になるわけです。

正しくは、防ぐと言うよりも遅らせたといったほうがよいかもしれません。いずれにしても、生活に制限がかかるリスクがなくなるのは間違いのないところでしょう。

ちなみに、この結果は日本人約56000人を対象とした調査によってわかっています。糖尿病といっても先天的な1型と後天的な2型がありますが、カフェインが効果的なのは2型になると考えておけは間違いありません。

どれぐらい飲んだらよいかは人によって異なりますが、おおむね3杯から4杯ぐらい飲むとよいでしょう。

ただ、コーヒーに砂糖を入れる習慣がある人は砂糖をあまり入れない方がよいです。砂糖をとりすぎるから糖尿病になるわけではありませんが、少なくとも砂糖の中には糖が含まれていますので避けなければならないところです。

食後のカフェインはインスリンを48%も上昇させる?

食後のカフェインは、体に良いことで知られていますが実はインスリンを48パーセントも上昇させることで知られています。

それにより、糖尿病になりにくい傾向があるわけです。そもそも糖尿病とインスリンはどのような関係があるかといえば、基本的にインスリンが出ることで糖尿病にはなりにくくなります。

逆に、インスリンが十分に分泌されないと、糖が血管内に入ったとき栄養分として体内のあちこちに運ばれることがなくなってしまいます。そうすると、血液中に糖質が高くなり糖尿病になる可能性が高くなるわけです。

逆にいえば、それがたくさん分別されれば、その分だけ糖尿病になりにくくなることが理解できるでしょう。

糖尿病は、出にくい人ほどなりやすい病気になります。

まとめ

カフェインが血糖値に影響する報告は意外と多かったです。

もちろんコーヒーだけで血糖値対策になるとは言えませんが、コーヒーと飲むことは血糖値を気にしている人には良い習慣であると言えますね。

対策の一つとしてコーヒーを取り入れては?コーヒーを飲みながら血糖値できるフィットライフコーヒーという健康食品もあるみたいですよー!