カフェインの効果!実は抗酸化パワーを持つ成分だった!

1日に3杯から4杯のコーヒーを飲む習慣がある方は一切飲まない方に比較して呼吸器系や脳血管、心臓に関する重病に見舞われるリスクが低くさせられるという研究結果があるように、コーヒーは健康を保つために良い効果をもたらしてくれます。

その理由は、コーヒーの中に豊富に含まれているカフェインやポリフェノールといったコーヒーの代名詞的な成分が関係しており、カフェインは利尿作用が高いため摂取すると体内に蓄積している老廃物を水分と共に体外に排出させる事ができるようになるためです。

また、ポリフェノールについても体内に蓄積している活性酸素を除去してくれる作用があるため、生活習慣病や老化を引き起こすリスクが下げられ、いつまでも若々しく過ごせるようになります。

つまり、若々しい見た目を保持し続ける事ができなくなる根本的な原因は活性酸素という事になるためその都度取り除けば良いのですが、一筋縄ではいかないというのが実情です。

そもそも活性酸素というのはそれ自体は人体にとって悪影響を及ぼすものではなく、元来は体外から体内に侵入してきたウイルスや細菌といった悪影響を及ぼすものから細胞を守るという働きを有しています。

本来であれば身体に良い働きをしてくれるのにも関わらず、一転して悪影響を及ぼす起因になるのはストレスや太陽光に含まれている紫外線、乱れた食生活や喫煙習慣などが影響しており様々な引き金により量が多くなり過ぎてしまう事によって、健康な状態を維持する事ができていた細胞に至るまで老化が進行し、見た目が老けたり血液内で悪玉コレステロールが増加するためです。

悪玉コレステロールが血液内で増えすぎると血液の粘度が高まるので血栓ができやすくなり重病を発症するリスクが高まりますし、見た目が年齢よりも老け込んだ様子になります。

そこで、取り除く事が難しい活性酸素を蓄積している老廃物と共に効率的に体外に排出できるのがコーヒーが持つ効果であり、飲用する習慣を持つようにすると体内と体外共に美しく健康になれます。