カフェインの過剰摂取は危険!?致死量はどれくらい?

カフェインには身体に良い影響を与える内容もありますが、大量に摂取してしまうと危険が生じる可能性は十分にあります。国内でも過剰摂取による死亡者が出ていることも事実なので、致死量に相当する数字をチェックしておくことが肝心です。一般的にはコーヒーからカフェインを摂取される方が多いものです。

他にも眠気覚まし用のドリンク系や、エナジードリンクに分類されているもの、サプリメントのような錠剤タイプも販売されていて、それぞれの利用者は一定以上存在しています。カフェインは大量に摂取すると、最初の段階では中毒のような現象を感じることがあります。

頭痛や吐き気などは代表的な症状でもあり、タバコとは少し異なりますが、毎日摂取していると、自然と毎日コーヒーを飲みたくなることも決して珍しくありません。過剰摂取での致死量については明確で正しく判断されている内容ではありませんが、研究は複数の機関や施設、学校などでも行われています。

諸説ある内容ではありますが、短時間での摂取で考えた場合、3グラム程度と考えることができます。非常に少ない量として認識できるので、この時点で恐怖感を感じてしまう方も多いとも推測できますが、実際には普通のコーヒーで換算した場合では、200ミリリットルの容量で約0.12グラムが相当しています。

この計算ではコーヒーの約25杯分が該当することになるので、普通の生活上の範囲では問題が無いとも理解できます。短時間で25杯ものコーヒーを飲むということは考えにくいものなので、通常であれば心配する値にありません。しかし、サプリメントやエナジードリンクなどを併用している場合は注意が必要です。

特にサプリメント系の場合は体内に吸収されているという実感が少なくなるので、きちんと説明書きを確認しながら服用することは大前提です。簡単に摂取でき美味しさを感じられるカフェインですが、過剰摂取によって命の危険性があることは明確でもあるので、コーヒーだけを楽しんでいる方でも、1日に飲む回数は最高でも10杯以下など、ある程度限定してみることも欠かせません。