カフェインを妊娠中に摂取すると胎児に悪影響が?

妊娠中の女性は、カフェインの摂取を抑えるように医師から指導を受けることがありますが、これは胎児に悪影響が出る恐れがあるからです。とは言え、一切のカフェインを摂取してはいけないというわけではありません。あくまでも避けた方が良いのは、多くの量を摂取することです。具体的には、コーヒーや紅茶などの含有量が多い食品・飲料を避けた方が良いということになります。

そもそも妊婦さんがカフェインを摂りすぎると、具体的にどのようなことが起こるのでしょうか。まずカフェインが持つ作用ですが、血管・心筋の収縮を促進させるほか、代謝を上げる効果があります。また、アドレナリンを増やすことからリラックス効果も与えます。眠気覚ましとして、覚醒作用があることでも有名です。

さてこのカフェインですが、妊婦さんが摂取すると、他の栄養素と同じようにして胎児にも送られます。ところが、胎児は体内の機能がまだまだ未熟であるため、胎盤を通して受け渡されたカフェインをうまく体外に排出することができません。そのため、どんどん胎児の体に蓄積されることになります。前述した通り、カフェインには血管を収縮させる作用がありますから、お母さんの体から胎盤を通して胎児に送られる血液の量が少なくなる恐れがあります。血液の量が少なくなるということは、胎児に送られる栄養素や酸素の量が少なくなるということです。その結果、胎児は低酸素状態になったり、低体重・発育障害・流産・早産・死産などのリスクが高まることが、海外の研究機関では指摘されています。

以上のことから、妊娠中や授乳中の女性はカフェインの摂取量に気を付けるよう指導されているのです。目安として、1日の摂取量を100mg以内に抑えれば悪影響が出ることはほとんどないとされています。加えて、鉄分の吸収を阻害する作用もあることから、100mg以内に抑えるにしても、摂取する場合は食後30分以上の時間を空けた方が良いと考えられています。