カフェインは体に悪い?注意するべき副作用

コーヒーなどには、カフェインが含まれていることで知られています。カフェイン入りのコーヒーをのむと、子供が眠れなくなるのであまり飲まない方がよいとされています。もちろん子供以外でも大人が飲むことにより眠れなくなる可能性がありますので頻繁に飲まない方がよいでしょう。いずれにしても、適量にとどめておく必要があります。

では、カフェインが体に悪いと言われていますがもし副作用があるとしたらどのような副作用があると考えられるでしょうか。一つは、脳細胞の動脈が縮んでしまう可能性があることです。これにより、集中力がなくなったり不安な気持ちになったりすることが少なくありません。場合によっては、うつ病誘発してしまう可能性がありますので、うつ病になりたくない人やすでにうつ病になっていて治そうとしている人ならばあまり積極的に飲まない方がよいものの一つです。もちろんこれだけが原因ではありませんが、原因の一つには間違いありません。

次に、生活が不規則になってしまう可能性があります。これは、夜眠れなくなり寝不足になることの関係がありますが、あまりたくさんコーヒーなどをのみつづけると結果的に睡眠不足に陥る可能性があります。生活のリズムが狂うことにより、生活全体のバランスが悪くなってくるでしょう。たとえば、ほかの人が寝ている時間に目が覚めてしまいなかなか眠れなくなり、結局夜中の3時過ぎまで起きているような人もいるはずです。その割には、朝早い時間に起きなければならないことも多く、毎日が睡眠不足状態になります。睡眠不足が続くと、精神的にやられるだけでなく集中力がなくなり結果的に能率的な仕事をこなすことや勉強をこなすことができなくなるでしょう。このようにならないためには、あまり量をたくさん飲まないことが重要です。

もちろん、眠気止めに上がりますので試験前や絶対にその日のうちにやらなければいけない仕事を多く抱えている場合は適量をのむ必要があります。