カフェインを飲むと集中力は上がる?下がる?

集中力を上げたいという場合には、疲労などを感じている状態では厳しいものがあります。また、眠気などがあっては集中したくても集中できません。この点、一時的にでも集中力を上げるためにコーヒーなどを飲んでカフェインの効果に頼ってみるというのも一つの方法です。

カフェインを摂取することで、眠気覚ましになります。眠い時はコーヒーなどを飲めばすっきりするなど聞いたことがある方もいるでしょう。眠気や疲労などを一時的に感じにくくさせることができるのはカフェイン効果の一つです。

このため、眠気をあまり感じない状態となり、交感神経などが刺激され、身体も一時的に活動的な状態となる点から集中力なども高めるといわれています。

ただし、根本的に眠気や疲労を回復させているわけではないためあくまで一時的なものだという点は押さえておくといいでしょう。カフェイン摂取は、過剰になってしまうことでカフェイン中毒などを引き起こしてしまう可能性やカフェインの効果が切れてしまうことで集中力の低下、頭痛等の症状がでてしまうケースもあります。この点から、一時的にカフェインに頼るというのは有効ですが、根本的に集中力を高めたいというなら睡眠をしっかりととっておくことや疲労回復をさせておき、健康的な体の維持をしていくことが最も重要です。

集中力は長時間持続するようなものではありません。そのため、カフェインに頼って一時的な集中力を上げるというのも有効な手段ですが、それ以外にも、定期的に休憩をはさんでみることなど自分なりに工夫していくことで短時間による集中を繰り返してみることで作業や勉強などをしている場合には効率を上げていくために対策をしていくことが大切です。

疲労やストレスなどがある場合には、なかなか思うように集中できずに、時間のわりに作業や勉強がはかどらないということもあります。そのような場合には、少し気分転換をしてみるなど再び集中力が増すように、作業や勉強から一時的に離れて別のことをするなど自分なりの対策をしてみましょう。