カフェインの利用作用で頻尿になるってマジ!?

カフェインは私たちにとって身近な飲み物に含まれています。コーヒーが有名ですが、それだけではなく緑茶や紅茶にも含まれているのです。普段から意識していなくても、カフェインは知らず知らずのうちに摂取しています。

ブラックコーヒーの多いイメージがあるかもしれませんが、いわゆる一日の飲む回数や頻度や量を総合すると、緑茶や紅茶の方が総合的な摂取量が増えやすいです。カフェインには精神的なストレスを緩和させるサポート効果があります。

俗にいうところの頭脳労働の合間に飲むと、スッキリとした気分が味わえるのは気のせいではありません。カフェインに含まれる成分で、精神的にリラックスさせたり、反対にモチベーションを上手く高める効果が得られるのです。

カフェインにはお酒と似た利尿作用があり、コーヒーやお茶を飲み過ぎると、トイレが近くなります。トイレが近くなる事はデメリットしかないように思われますが、体内に蓄積される老廃物が尿と一緒に排出されます。デトックス効果がカフェインには期待出来るので、むしろ美容やアンチエイジングに関心かある女性こそ、コーヒーや紅茶を愛飲すべきでしょう。

また血圧の値を適度に下げるサポート効果もあり、カフェインは正しい量を守れば、むしろ健康的な成分となります。飲み過ぎるとトイレに行く回数が増えるので、頻尿体質になるのでは、という危惧がなされています。

確かに飲み過ぎた当日についてはカフェインによる刺激で、度々行かなければならず、若い健康的な男女でも頻尿のような症状に見舞われます。

一方でその成分は体内に残留する時間が短く、それこそ排尿によって比較的速やかに排出されるので、大量に摂取した当日こそ頻度は増えますが、翌日にまでその体調不良が引き継がれる事はありません。

当然頻度の体質がコーヒーや紅茶の一般的な摂取で、固定化されたり誘発されるリスクはありません。他にもエナジードリンクやサラリーマン向けの栄養ドリンクに配合されている事がありますが、こちらも一般的な利用であれば問題は無いので安心です。