カフェインは肌荒れを起こすのでアトピーの方は注意!

スキンケアを丁寧に行なっていても肌荒れになってしまうという方もいらっしゃるかと思います。その要因は様々な物が考えられますが、日常的に摂取している機会も多い「カフェイン」が原因の場合があります。
特に肌の刺激を避けたいアトピーの方は注意が必要ですので、コーヒーなどを飲む際には良く成分を確認するのが良いでしょう。

なぜカフェインが肌に良くないかと言うと、まず交感神経に作用する事によって、自律神経がバランスの悪い状態になる事が挙げられます。これによって睡眠に影響が出たりしますので、肌が荒れてしまう原因となる事があります。

肌にはターンオーバーをする事で角質などが生まれ変わる性質がありますが、この機能を効果的にするには睡眠をきちんと取る事が大事となっています。

そしてカフェインは利尿作用があり、尿の回数が増加するとビタミンCが多く排出されてしまいます。肌の健康にはビタミンCは重要な部分で、皮膚の状態を保つ事や抗酸化作用もありますので、過剰なカフェインを摂るという事は肌には良くない事とされます。

アトピーの方は空腹時にカフェインを摂取する事も避けたい部分となっています。胃酸を分泌させる効果があるとされるカフェインなので、空腹時にはさらに分泌が促進され、胃への負担が強くなってしまいます。胃の働きが悪くなると消化にも影響しますので、栄養をきちんと摂る事を妨げます。肌荒れは適切な栄養供給が大事ですので、アトピーへの影響も良くありません。

このような肌の悪影響を軽減するためには、コーヒーを飲む場合はカフェインが含まれていない商品を選ぶ事をおすすめします。そして不足しがちなビタミンCやミネラルの部分を、機能食品やサプリメントなどでカバーする事も大事でしょう。

コーヒーで言いますと一般的に1日に2杯程度が適量となっていますが、アトピーの方であれば特に注意したい部分となります。カフェインの摂取には気をつけながら肌荒れを軽減させる事が大事でしょう。