カフェインの飲み過ぎは偏頭痛を起こす?

頭痛は大まかに分類すると偏頭痛と緊張型の頭痛が存在し、カフェインが含まれるコーヒーなどを飲んで痛みが和らげられる可能性があるのは偏頭痛のときです。偏頭痛は、何かの原因で脳にある血管が広がることによって起こります。広がった血管が三叉神経に刺激を与え、その刺激で炎症物質が発生して、もっと血管を広げてしまうので痛むという仕組みになっているのです。

脳にある血管を縮める作用がカフェインにはあるので、痛む原因となる広がった脳にある血管を縮める効果を得ることが期待可能で、頭痛が和らぐことがあります。とは言っても偏頭痛の痛みが必ず和らぐ訳ではなく、ときには逆効果となってしまう場合もあるため要注意です。

偏頭痛を引き起こしている場合は、過剰に血管の縮める働きをコントロールするセロトニンと呼ばれる物質が分泌されている状態なことが分かっています。セロトニンが分泌されると脳の中にある血管が一旦縮んで、時間が経過するのに伴って広がっていくときに頭痛が発症するとされているのです。つまり繰り返し脳にある血管が縮んだり広がったりすることによって起こる偏頭痛もあることになります。

そのためカフェインで縮んだ脳にある血管が、元の状態に戻すために広がろうとして痛み、またコーヒーを飲むことでカフェインにより血管が縮みということを繰り返すと、かえって症状が悪化してしまうこともあるのです。ですのでコーヒーなどを飲み過ぎると偏頭痛を引き起こす可能性もあります。

そして頭痛が偏頭痛ではなく緊張型頭痛だった場合もカフェインをコーヒーなどで摂取するによって、もっと悪化する可能性があります。緊張型頭痛は長い時間に亘って、肩から頭部にかけての筋肉が緊張する状態が継続したときに引き起こしやすい頭痛です。筋肉が硬くなり血液の流れが悪くなると老廃物が筋肉に蓄積された状態になり、その老廃物が周りの神経に刺激を与えるため痛みが生じます。カフェインの血管を縮める働きが、緊張型頭痛で血液の流れが悪い状態を更に悪化させる可能性が高いです。