カフェインは肝臓に悪いのか?

カフェインは、肝臓に良いのか悪いのか、というテーマが度々話題となりますが、実際には良いということが正しいとされています。すでに研究結果もでており、毎日コーヒーを飲む人はコーヒーを飲まない人に比べて肝機能障害を改善したり、痛風や糖尿病と言った生活習慣病も改善する効果があるとされています。

珈琲に含まれるカフェインには、アルコール摂取にも関係しており、コーヒーを毎日の無人の場合、アルコール摂取による肝硬変のリスクを軽減する効果が期待できるとの研究結果がでてきます。そのため、成人であれば積極的にコーヒーを摂取することで日々の生活習慣病や肝機能障害に関するリスクの軽減につながるのです。では、どれくらいの頻度でコーヒーを飲むことが好ましいのでしょうか。

研究によると、一日3杯のコーヒーを飲むことが、肝臓疾患の予防に効果的であることがわかっています。何事にも過剰摂取ということは逆効果をもたらしてしまうものですが、1日3杯程度のコーヒーであれば、肝臓の調子を整えて疾患を予防する効果を期待することができると言われているのです。適度なカフェインの摂取が、肝疾患の軽減に繋がり、肝機能に悪影響をもたらすことを予防する効果を期待することができます。

時々カフェインが肝臓に割るのではないかとの説が巷を賑わせることがありますが、それは全く根拠に基づかないデマであることがわかるのです。逆に、コーヒーを始めとするカフェインが肝機能障害の予防につながるとの研究結果は、アメリカの著名な大学の研究者により発表されていることから、コーヒーの継続的な摂取が良い効果をもたらすという点については、研究に基づいた証拠が提示されていることの現れであることがわかっているのです。

このことから、日常的に適量のカフェインを摂取することが、肝疾患の予防効果を高め、健康維持に効果的であることが研究機関の研究により明らかにされた、ということができます。